33ヶ月以上の長期肥育で良質な配合飼料で
大切に育てられた希少性が高く優れたブランド牛

増田和牛(ますだわぎゅう)は20年以上前、スズチクの担当者と増田氏とで試行錯誤しながら作り上げた群馬県産の銘柄です。通常の黒毛和牛よりも長い肥育月齢33カ月以上で焚き餌給与(大麦を蒸かして)を与えて、大切に育てられた黒毛和種のメス牛のみが増田和牛です。脂がしまり、脂のきめが細かく肉の色が少し濃く、霜降りが少なめなのが特徴です。


肥育に手はかかるけれど納得のできる健康な状態の牛で、サシの入った本物の肉が作りたかったので、妥協はできませんでした。増田氏と共に試行錯誤を繰り返し、5年ほどかかってようやく飼育法を確立しました。年間わずか120頭しか出回らない幻の和牛です。生産性が落ちても、あえてメス牛にこだわるのが増田和牛なのです。


増田和牛は前ほど焼肉が食べられなくなったという方にもサラッと食べられると好評をいただいており、従来の上州牛とは違う、有名ブランド牛に一歩もひけをとりません。コクのある赤身に、甘味がありとろけるような食感で最高級ともいえる脂のおいしさは、きめ細かくさっぱりしているので、お子さんからお年寄りにまで喜ばれています。